イトカワ」タグアーカイブ

はやぶさ

Pocket

NHKの爆問学問で、小惑星探査機「はやぶさ」を特集していた。

前にイトカワがわからなくて調べたけれど、「はやぶさ」が持ってきたイトカワの地表を調べれば、地球の中心の物質がわかる可能性があるらしい。

地球の中心ってナゾなんだそうです。

って、
おっちゃんが教科書で習ったのは、地球の中心は「マントル」だったと思う。

ナゾならナゾと書いていて欲しかった。

「なぞ」と言われればもっと興味を持っていたかもね。


 

イトカワ どこ?

Pocket

小惑星探査機「はやぶさ」が、降りたったイトカワ。

イトカワってどこにあるの?と言う疑問が解けた!

地球も火星も木製も太陽を中心に回っている。

太陽に一番近いのが水星、その後からは、金星、地球、火星、木星、土星、天王星と続く。

地球と火星の間にもたくさんの星が太陽を中心に回っていて、その中の一つの小惑星に、全長540メートルの落花生のような形の星がある。

それがイトカワ。

わかったかな?


 

イトカワどこ?

Pocket

イトカワの石か砂を持ってきた小惑星探査機「はやぶさ」。

すごいなーと思いつつ、イトカワってどこの星?という疑問が出てくる。

調べてみたが、地球と火星の間の軌道を回る小惑星、落花生のような形で全長540メートル。

よくわかりませんでした…。