秘密基地

Pocket

「パパ、約束守れる?」

「誰にも言わない?」

「秘密基地、見る?」

というわけで、近所の秘密基地に案内された。

合計3ヶ所ぐらい案内されたけれど、まー、危険はなさそうだからいいか。

しかし、

ぬるい…、
ぬるすぎる…。

あんなの秘密基地でも何でもない!

ただ単に隠れられるところ、というだけだ。

おっちゃんの子供の頃の秘密基地といったら、本当に基地化していたぞ。