UpdraftPlusで保存先をGoogle Drive(グーグルドライブ)にする手順。

Pocket

あっという間に簡単にできる方法。

ワードプレス(WordPress)のバックアップが簡単にできるプラグイン「UpdraftPlus」。

無料なのに評価も高く、手動バックアップも自動バックアップもできちゃう優れものですが、バックアップファイルの保存先をグーグルドライブに設定しようとして、やり方をネットで調べてみると、

Google Drive APIの有効化?

Google APIs?

認証情報?

OAuthクライアントID?

なんだかすごくめんどくさいうえに、まったくわからない(T_T)

しかもネットで解説してくれている人のUpdraftPlus画面と、おっちゃんのUpdraftPlusの画面が違う!

と、諦めかけていたのですが、「とりあえずやってみよ」で、すんなりできてしまったので紹介します。

いつの間にかUpdraftPlusが進化していて、設定が驚くほど簡単になっていたのです。

 

はじめにグーグル・クローム(Google Chrome)でグーグルドライブ(Google Drive)にログインします。「必ずクロームで操作してください

グーグルドライブの作り方は、他で調べてくださいね。

Googleドライブアクセス

Google ドライブ

Googleドライブログイン画面

Google ドライブ -ログイン

Googleドライブ マイドライブ画面

Googleドライブ マイドライブ

↓↓↓

グーグルドライブにログインしたまま、新しいタブを開き、バックアップしたいワードプレスにログインします。

WordPressログイン画面

WordPress ログイン

↓↓↓

「プラグイン」の「新規追加」をクリック。

WordPressプラグイン画面

WordPressプラグイン

↓↓↓

プラグインを追加画面の「キーワード」にUpdraftPlusと記入すると自動的にUpdraftPlusが出てきますので「今すぐインストール」をクリック。

WordPressプラグインインストール画面

WordPressプラグインインストール

↓↓↓

インストールが終わるとボタンが「有効化」になるので、それをクリック。

WordPressプラグイン有効化画面

WordPressプラグイン有効化

↓↓↓

プラグインの画面になるので、「設定」にカーソルを合わせるとポップアップメニューが出てくるので、「UpdraftPlus Backups」を選択。

WordPressプラグイン設定画面

WordPressプラグイン設定

↓↓↓

UpdraftPlus Backup/Restore画面で、「設定」をクリック。

ワードプレスプラグインUpdraftPlus

プラグインUpdraftPlus

↓↓↓

ファイルのバックアップスケジュール:
データベースバックアップのスケジュール:
好きな設定でどうぞ。

UpdraftPlus設定画面

UpdraftPlus設定

「一週間ごと」保持数「5」で設定してみました。

UpdraftPlus設定スケジュール画面

UpdraftPlus設定スケジュール

↓↓↓

そのまま下にスクロールして、
「保存先を選択
(選択または選択解除するアイコンをタップ):」
で「Google Drive」を選択(クリック)。

UpdraftPlus設定GoogleDrive選択

UpdraftPlus設定GoogleDrive

↓↓↓

さらに下にスクロールして、「メールアドレス」にチェック(これはご自由に)、最後に「変更の保存」をクリック。

UpdraftPlus設定mail画面

UpdraftPlus設定mail

↓↓↓

自動的にこの画面になるので、矢印の英文をクリック。

UpdraftPlus-GoogleDrive設定

UpdraftPlus-GoogleDrive

ちなみに英文を翻訳すると、

Remote storage authentication(リモートストレージ認証)

You have selected a remote storage option which has an authorization step to complete:(完了するための承認ステップがあるリモートストレージオプションを選択しました:)

Follow this link to authorize access to your Google Drive account (you will not be able to back up to Google Drive without it).(このリンクをたどってGoogleドライブアカウントへのアクセスを許可します(GoogleドライブなしでGoogleドライブにバックアップすることはできません)。)

↓↓↓

「アカウントの選択」という画面が出てくるので、バックアップ先にする最初にログインしているグーグルドライブ(Google Drive)のアカウントをクリック。

UpdraftPlus-GoogleDriveアカウント選択

UpdraftPlus-GoogleDriveアカウント

↓↓↓

「許可」をクリック。

UpdraftPlus-GoogleDrive許可画面

UpdraftPlus-GoogleDrive許可

↓↓↓

自動的にこの画面になるので、「Complete setup」をクリック。

UpdraftPlus-GoogleDriveセットアップ画面

UpdraftPlus-GoogleDriveセットアップ

↓↓↓

UpdraftPlus Backup/Restore画面になるので、「今すぐバックアップ」をクリック。

UpdraftPlus-GoogleDriveバックアップ

UpdraftPlus-Backup

↓↓↓

この画面になるので「今すぐバックアップ」をクリック。

UpdraftPlusバックアップ

UpdraftPlus Backup

↓↓↓

この画面がしばらく続き、

UpdraftPlusバックアップ途中

UpdraftPlus Backup

↓↓↓

「バックアップは成功し完了しました。」となります。

UpdraftPlusバックアップ完了

UpdraftPlus Backup finish

↓↓↓

まん中のメニューの「バックアップ済み(0)」となっていますが、そこをクリックすると「バックアップ済み(1)」と変わります。

UpdraftPlusバックアップ確認

UpdraftPlus Backup look

↓↓↓

グーグルドライブ(Google Drive)に戻り確認すると、バックアップファイルが並んでいて、バックアップが無事に終了したことがわかります。

グーグルドライブ確認

Google Drive look

ちなみにこのグーグルドライブ画面は、復数のワードプレスをバックアップしているので多くのファイルが並んでいますが、1つのワードプレスのバックアップファイルは最大で5つです。

↓↓↓

UpdraftPlus Backupの設定画面で「メールアドレス」にチェックを入れておくと、こんなメールが届きます。

UpdraftPlusからのメール

UpdraftPlus mail

設定したバックアップ期間で自動バックアップされるたびにメールが届くので、「ちゃんと働いているな。えらいえらい。」と感心してしまいます。